小林悠アナ、TBS電撃退社…デート報道で精神不安定か有休消化せず突然

2016年3月5日6時0分  スポーツ報知

 TBSの小林悠(はるか)アナウンサー(30)が4日、健康上の理由で同局を依願退職した。28日にリニューアルスタートする「NEWS23」のキャスターに就任予定だったが、同様の理由で出演を取りやめることが3日に発表されていた。

 TBSがこの日、ファクスで発表。小林アナは「入社以来見守っていただいたみなさんには深く感謝申し上げます。直接ご挨拶も出来ず申し訳ありませんが、本当にありがとうございました」というコメントを寄せた。詳細について、同局広報部は「プライベートなことなので答えられない」とした。

 小林アナは「報道特集」のキャスターになる膳場貴子アナウンサー(41)の後任を務めることが1月26日に発表された。現場志向が強く、スタジオを飛び出して現場取材にも積極的に出掛ける意欲を見せていたという。

 しかし、2月に「週刊ポスト」に起業家との高級ホテルでのデートの様子を報じられると、TBSラジオのレギュラー番組「たまむすび」で「自分のプライバシーがだだ漏れなのはどうなのか」と発言。関係者によると、この起業家への不信感が募り、この頃から精神的に不安定になっていったという。

 起業家とはその後破局。「NEWS23」についても「できません」と申し入れた。あまりの精神的ショックに、同局は看板番組を任せるのは無理と判断。新たなキャスターとして駒田健吾アナ(41)と皆川玲奈アナ(24)の起用を決めた。

 有給休暇も消化せずに突然、退職するのは極めて異例。小林アナは1週間ほど前に社内の自分の机を突然片づけ、同僚にも何も説明せずに帰宅してしまったという。焼き肉などが好きで大食漢として知られるが、最近は周囲も心配するほど激ヤセしていた。食事もノドを通らず寝込んでいるという情報もある。

 ◆小林 悠(こばやし・はるか)1985年9月26日、札幌市生まれ。30歳。お茶の水女子大大学院修了。10年4月、TBS入社。同期に石井大裕アナ、佐藤渚アナ。「Nスタ ニュースワイド」「報道特集」などを担当した。愛称はナタリー。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)