加藤茶「結婚してから、かみさんが魚しか食わせてくれなくて」

2016年3月5日10時15分  スポーツ報知

 タレントの加藤茶(73)が5日放送のフジテレビ系「にじいろジーン」(前8時30分)に出演。2011年に再婚した綾菜夫人(27)の指導で魚が食べられるようになったことを告白した。

 約30年前にクレー射撃にハマっていたという加藤。仲間と猟をして食べたがイノシシの味が忘れられないといい、MCのタレント・山口智充(46)とともにに絶品の猪鍋を出す店を訪問した。丹波篠山産のイノシシに舌鼓を打つと、「僕は結婚する前は肉と、ラーメンと、脂身しか食べなかったんですよ。寿司なんてあんまり食わなかった」と告白。「結婚してから、かみさんが魚ばっかりしか食わせてくれなくて。それ食ってたら魚が食えるようになったんです」と続け、現在は魚も食べられるようになったことを打ち明けた。

 番組では、「おばあちゃんの原宿」と言われる東京・巣鴨も散策。大勢の人に声をかけられ「モテモテですね」と冷やかされると、「若い奥さんいるから」とおのろけも。山口とともに名物の「赤パンツ」を購入すると、「これでまた頑張れそうな気がする」と笑顔だった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)