武田真治、「この場ではっきりさせておきます」と「ゲイ疑惑」を完全否定

2016年3月5日14時45分  スポーツ報知

 独身大物俳優の武田真治(43)が5日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(後0時)で、自らにささやかれている「ゲイ疑惑」を完全否定した。

 司会の久本雅美(57)に「結婚願望とかあるの?」と突っ込まれるた武田は「あります」と即答。「ホント? ちまたでは(手を口元に寄せて)こっち(ゲイ)じゃないかて話も」とたたみかけられると、「よく踏み込んできてくださいました」と切り返し、「ずっと僕言われてるんですけど、きょうこの場ではっきりさせておきます。こっち(ゲイ)じゃございません」と言い切った。

 武田は親交があるというモデル・アンミカ(43)、元日テレの馬場典子アナ(41)と一緒に旅行に行った際、ゲイだと誤解されたというエピソードも披露した。行き先は、芸能と縁結びにご利益があるとされる宮崎・高千穂町の荒立神社。アンミカから「旦那と出会ったお礼に行くから一緒に行きましょう」と誘われ訪れたという。

 宮崎には、アンミカの夫とメイク、武田の中学時代の親友も同行。「そいつは同学年のカリスマ、憧れ。ハンサムで顔も綺麗なやつ」(武田)で、アンミカと馬場アナからは「お二人仲良さそうだし、私たちの前でもっと楽になってもいいわよ」と気を遣われたという。

 武田の親友は、自分には妻も子供もいると説明したが、2人は「結婚後、変わるっていうしね」と結局、誤解は解けなかったという。「多分、そう思われてるんでしょうね」と苦笑した武田は、「許されるなら今すぐ抱きしめましょうか」と久本に助けを求めていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)