加藤紗里、ダウンタウン松本からの“売名”指摘に「そうですよね…」

2016年3月11日20時28分  スポーツ報知

 タレントの加藤紗里(25)が、11日放送のフジテレビ系「ダウンタウンSP」(後7時)の「本音でハシゴ酒」に出演。ダウンタウン松本人志(52)からの“売名”指摘に「そうですよね…」と同意した。

 タレント狩野英孝(34)を巡って歌手・川本真琴(42)の「私の彼を取らないで」というツイートに対し、ツイッターで「川本真琴さんが英孝をそこまで愛しているなら譲ります」とやり返し、これが始まりで世間から注目される存在となった加藤。松本から「そこに関しては売名といわれちゃうよね、やっぱり」と指摘されると「そうですよね…」と加藤も神妙に同意した。

 坂上忍(48)は、「男と女のことなのに、その中で解決しない。紗里ちゃんには落ち度がある。業界人としての節度と、男として女として(の節度)がある」とズバリ指摘。松本も「すぐツイッターするような子とは、芸能人は付き合わないほうがいいよね。狩野はそこを(今回)勉強した。芸能人は絶対にキミと付き合わないよね」とコメント。「言葉は悪いけど、芸能界のルールがあるなら前科一犯だよ」と言う坂上に対し、加藤も「そっかー」とうなずいた。

 松本は、「誤解されやすいタイプというか、一言足しちゃう人なんやろうね。そこを面白がられてフィーチャーされるというね。もしかしたら計算かもしれないけど、そこは分からないね」と、加藤の印象を語っていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ