宝塚歌劇月組次期トップスターに珠城りょう決定!異例9年目のスピード出世

2016年3月15日16時37分  スポーツ報知

 宝塚歌劇団は15日、月組の次期トップスターが珠城(たまき)りょうに決まったと発表した。9月4日付で退団する龍真咲の後任として、翌5日からトップに就任。10月14日に東京・文京シビックホールで開幕する「アーサー王伝説」(19日まで、同28日~11月9日には大阪・梅田芸術劇場シアタードラマシティで)がプレお披露目公演となる。相手役は現トップ娘役の愛希れいかが務める。

 珠城は2008年3月「ME AND MY GIRL」で初舞台を踏んだ94期生。9年目でのトップ就任は、近年では鳳蘭(星組)、汀夏子(雪組)、天海祐希(月組)の7年目には及ばないものの、安奈淳(花組)、大地真央(月組)の10年目を抜く異例のスピード出世となった。

 入団から月組に配属され、月組一筋。10年「スカーレット・ピンパーネル」で新人公演初主演、13年「月雲の皇子~衣通姫伝説より」でバウホール初主演を務めるなど、172センチの長身を生かしたダイナミックなステージで早くから頭角を現し、昨年11月に2番手に昇格した。

宝塚歌劇
  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ