あだ名は「ホラッチョ」「おっぺけぺー川上」ショーン氏同級生語る

2016年3月18日9時29分  スポーツ報知

 経営コンサルタントの「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏(47)が経歴詐称疑惑で活動を自粛したことについて、日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」(月~金曜・前8時)は18日、「同級生3人が明かす“違いすぎる熊本時代”」として、川上氏の同級生とされる3人のコメントをVTRで紹介した。

 中学の同級生という女性は「特別に英語ができた訳じゃないし、帰国子女という話も出たことがない。ほとんどの人が覚えてないと思います」と女子の間では存在感がなかった様子。

 高校の同級生という男性は「訳の分からない辞書を毎日7、8冊持ってきていた。(語学の)実力のほどはよくわからなかったけど、プライドが高くて気が短かった」と話した。

 さらに「うそをつくというイメージで結構見られていた」とし、あだ名は「ホラッチョ」だったという。もう1人の高校の同級生という男性は「小学生が言うようなウソをついていた」と言い、お菓子のおまけに付いているおもちゃを見せて「自分の家で作っている」などと言っていたという。あだ名は「おっぺけぺー川上」だったと話した。明治時代に寄席で「おっぺけぺー節」を披露した歴史的人物、川上音二郎からのネーミングとみられる。番組MCの加藤浩次(46)は当時の顔写真を見比べ「成長の過程ですからね」とフォローしていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)