乙武氏不倫旅行に同行友人が証言「彼は特別だから目をつぶろうよ、というのがあった」

2016年3月27日23時10分  スポーツ報知

 不倫を認め謝罪した作家・乙武洋匡(ひろただ)氏の友人が27日、フジテレビ系「Mr.サンデー」(日曜・後10時)の取材に応じ、昨年末のチュニジア不倫旅行に同行したことを認めた。

 同番組が友人男性に直撃。不倫旅行の真相を迫ると「特に何もなく普通の旅行です。(女性の存在については)ただのサポートですかね」とあっさり答えた。「旅行中に不倫と気付いていたのか?」という問いかけには、「いや、僕は(不倫は)ないと思ってまして、冗談交じりでそういう会話はあったと思いますけど…」と当時は不倫だとは気付かなかったと明かした。

 昨年8月、新たにチェコやハンガリーを2週間かけて周ったことが発覚した乙武氏。帰国後に「男二人で行っていた」と周囲に話していた。しかし、その頃のフェイスブックに掲載された画像には、各国のバリアフリー事情のほかに、女性と微笑ましく写っている乙武氏の姿を同番組が発見している。

 最後に友人男性は「私自身が反省している部分があって、彼は能力の高い人間だし、だけどやって良いことと悪いことがあって、そこをきちんと教えるのが僕たち友達の役割。『彼は特別だから目をつぶろうよ』と、どこかにそういうのがあった」と心情を打ち明けた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ