映画「暗殺教室」第2作が早くも今年最高の記録 5日間で“大台超え”も

2016年3月30日21時0分  スポーツ報知

 「Hey!Say!JUMP」の山田涼介(22)が主演し、25日に公開された映画「暗殺教室~卒業編~」(羽住英一郎監督)が、16年公開の映画オープニング興行成績(土日2日間)で第1位(興行通信社調べ)を記録。さらに公開後5日間の観客動員数で100万人を突破し、16年公開映画で最速の“大台超え”となったことが分かった。

 映画「暗殺教室~卒業編~」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載の超人気漫画「暗殺教室」の実写映画化第2弾。15年3月に公開された映画第1弾「暗殺教室」は、興行収入27億円を超える大ヒットを記録、全国で“暗殺教室旋風”を巻き起こした。

 原作漫画は3月19日発売号の「週刊少年ジャンプ」で最終話を迎えており、映画も「卒業」がメーンテーマ。涙なしでは見ることができない感動のストーリーが反響を呼び、本作を鑑賞した原作者の松井優征氏は「この映画を見て3回泣きました」と自ら語っている。

ジャニーズ
  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)