高島礼子を裏切った!高知東生容疑者、ラブホでホステスと覚醒剤

2016年6月25日6時0分  スポーツ報知
  • 東京湾岸警察署に移送される元俳優の高知東生容疑者
  • おしどり夫婦で知られた高知東生と高島礼子
  • 移送される高知東生容疑者と一緒に逮捕された女性

 女優・高島礼子(51)の夫で元俳優の高知東生(のぼる、本名・大崎丈二)容疑者(51)が24日、覚醒剤取締法と大麻取締法違反(所持)の疑いでクラブホステス・五十川敦子(いそかわ・あつこ)容疑者(33)とともに厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。逮捕容疑は横浜市南区のラブホテルで覚醒剤と大麻を所持した疑い。高知容疑者と高島が暮らす都内の自宅からも薬物が入っていたとみられるパケ(ポリ袋)が見つかった。主演ドラマ撮影中の高島のショックは計り知れない。

 2人の逮捕容疑は24日午前9時半すぎ、横浜市南区のラブホテルの一室で覚醒剤と大麻を所持した疑い。麻薬取締部によると、2人は「自分たちで使うために持っていた」と供述している。

 麻薬取締部はホテルの室内から覚醒剤約4グラム、大麻たばこと乾燥大麻計約2グラム、ガラス製の小瓶やストローなどを押収。小瓶には焦げ跡があり、2人があぶって吸っていたとみている。ホテルには24日午前2時過ぎにチェックイン。午前8時半ごろに麻薬取締部が室内に踏み込んだ。

 2人の自宅やホテルの駐車場に止めていた五十川容疑者の車の中からも薬物が入っていたとみられる空のパケ(ポリ袋)などが押収された。高知容疑者と高島が暮らす都内の自宅の家宅捜索の際、高島は不在だったという。麻薬取締部は薬物の入手先を調べるとともに、尿鑑定などをして使用の疑いでも捜査する。

 高知容疑者は高島の父の介護などを理由に、「たくさんの人の美と健康に貢献したい」として昨秋、芸能界を引退。以前から都内で試験的に開いていたエステサロンが評判を集めていたことから、引退後すぐに体温管理士の資格を取得し、5月6日に横浜・元町にサロンを本格オープンさせた。バリ風の内装は高島がアイデアを出し、店にも訪れていた。

 経営者として第二の人生をスタートさせた高知容疑者はオープン日にスポーツ報知の取材に「嫁には迷惑をかけるけど、俺が『こうしたい』と言ったら『応援する』という人。本当に好きにやらせてもらってます。俺にとっては本当にかけがえのない人」と高島に感謝。芸能人仲間からも多くの花が届き「うれしいし、ありがたい」と恩返しを誓っていた。店には複数の女性従業員がおり、「働いてくれてる子たちの人生も守らないといけない。食わせないといけない」と話していた。

 高知容疑者はこの日午後8時半ごろ、都内の麻薬取締部を黒のワンボックスカーで出て、留置先の警視庁湾岸署に向かった。後部座席の中央に黒縁眼鏡姿で座り、多くの報道陣を前にしてもうつむくことなく、じっと前を見つめていた。湾岸署に入る際も顔は隠さなかった。約20分後に五十川容疑者も車で同署に入った。高知容疑者と親しい関係者は逮捕のニュースに絶句。ここ数日も変わった様子はまったくなかったという。

 ◆高知 東生(たかち・のぼる)本名・大崎丈二(おおさき・じょうじ)。1964年12月22日、高知県生まれ。51歳。明徳義塾高時代は野球部に所属し、控え投手で甲子園に出場。93年「高知東急(のぼる)」の芸名でドラマデビューしたが、97年に東急電鉄から芸名使用差し止めを求められて裁判になり、翌年春から現在の芸名に改名した。女優・あいだももと91年に結婚したが、96年に離婚。99年2月に高島礼子と再婚。昨年、芸能界を引退した。

芸能事件簿
  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ