欽ちゃん「ステキな言葉をもった人が天国に行ってしまいました」と永さん悼む

2016年7月12日6時0分  スポーツ報知
  • 萩本欽一

 放送作家として黎明(れいめい)期のテレビ界を支え、坂本九さんの名曲「上を向いて歩こう」の作詞などでも知られるタレントの永六輔(えい・ろくすけ、本名・永孝雄=えい・たかお)さんが7日午後1時57分、肺炎のため死去したことが11日、分かった。83歳だった。

 萩本欽一(タレント)「永さんは雲の上の人でした。近付こうとしたけど、恐れ多くてなかなか近付けなかった。同じテレビ(の世界)でやっていた人間として、永さんは言葉の達人。いつも感心させられた。その達人がいなくなるのは寂しいよ…。仕事での大きな付き合いはなかったけど、『何か一緒にできたらな』と思って、過去に、永さんに(番組作りを)仕掛けたことがあったんです。もし実現できていれば、面白いものができたんじゃないかな。一度、番組に呼ばれた時にはニコニコと笑っていらした。今年2月に『六輔七転八倒九十分』に出演した時、永さんは入院中。お会いできなかったことが悔しいです。自分が知りたい、会いたいと思ったら日本各地に飛んでいっちゃう。行動力はすごかったな。作詞家として大ヒット曲を作り、書籍もベストセラーを送り出した。ステキな言葉をもった人が天国に行ってしまいました。残念です」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ