長谷川アナがブログ更新「ご覧のように僕はテレビの仕事を失いました」

2016年10月6日12時37分  スポーツ報知
  • 自身のブログに長文のメッセージを書き込んだ長谷川アナ

 ブログに「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ! 無理だと泣くならそのまま殺せ!」などと書き込み、地上波のレギュラー番組がすべて降板となった元フジテレビのフリーアナウンサー・長谷川豊氏(41)が6日、自身のブログを更新し、「ありがとう」のタイトルで5924字の長文をつづった。騒動の渦中にいた2週間を振り返り、ファンにメッセージを送った。(以下ブログを抜粋)

 僕に声援を送ってくださる多くの方々へ

 と、いう訳で、また振り出しです(笑)。でも、僕は実は本音を言いますと…今回、けっこうスッキリしています。あのタイトルの付け方をしたらイタズラに悪用される可能性はある。で、それを散々利用されてゲームにされた。アナウンサーが言葉でミスったのです。降板は当然かと。不思議ですね。今はとても心が穏やかです。誰を恨む気もないですし、むしろ、当然の流れな気がします。会社は会社の論理があります。僕も会社員でした。分かります。あの年齢の上層部やスポンサーが、悪意のある炎上に巻き込まれたら怖い思いをするのは当然のこと。むしろ、申し訳ない気持ちです。現場のみんなが最終的に上層部に従うのも当然。それが組織です。

そして、ネット上のみんなも、ちょっと聞いてほしい。

乗っかって、僕を叩いて、ご覧のように僕はテレビの仕事を失いました。これでみんなに何か残ったか? 君らに何かプラスがあったか? 君らがネットにうっ憤を晴らすしかできなくなったのは、社会のせいじゃない。君ら自身の性格や努力不足のせいだ。下らないネットいじめに乗っかって、必死にパソコンを打つの、いい加減もう辞めときな。言いたいことや不満があるなら、これからは直接僕に言いに来い。そんなことまではする気はないだろ?

そんなことより、一緒に社会保障の改善策、考えようぜ。みんなならすごいアイデア出せる。必ず。なぜか分からないのですが、今の僕は4年前と全く違う心境です。何故なんでしょう…。この4年で強くなったのかな…。

僕を応援してくれる皆さん、皆さんにお願いがあります。

これからも、テレビ大阪の『ニュースリアル』を。読売テレビの『クギズケ!』を。そして、MXの「バラいろダンディ」をよろしくお願いします!みんな、最高の番組なんです。僕が出演していた時と同じように視聴して声援をお願いします。

そして、スタッフのみんな、共演者の皆さん、こんな最後で本当に申し訳ないです。でも皆さんとご一緒出来たこと、忘れません。お世話になりました! そして! ありがとうございました!

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)