家入レオ、高校サッカー応援ソング歌う「勝っても負けても精いっぱいやりきって」

2016年10月20日6時0分  スポーツ報知
  • 高校サッカーの応援歌に抜てきされた家入レオ

 シンガー・ソングライターの家入レオ(21)が、年末年始に日本テレビ系で中継される「第95回全国高校サッカー選手権大会」(12月30日開幕、決勝は来年1月9日・埼玉スタジアム)の応援歌「それぞれの明日へ」(発売日未定)を歌う。

 選手に勇気を与えるミディアムバラードで、サビでは「走れ 今この風を受け 駆け上がれ そして 自分の壁を 越えて行け」と歌う。サッカーは詳しくないが、選手の奮闘を記録したDVDを見て一生懸命な姿に感動。「勝っても負けても精いっぱいやりきってほしい」とエールを送った。

 地元は福岡・久留米市。中学時代の1学年先輩に、元なでしこジャパンMFの猶本光(22、浦和)がおり「後輩人気が半端じゃなかった。いつも応援してます」。前回優勝の東福岡高は自身が通った高校に近く、文化祭で交流するなど親近感を感じている。

 過去にコブクロ、絢香(28)らが歌い、スターへの“登竜門”とされる大役。「選手とともにこの曲で私も成長できたら。5周年を迎える来年に向けて良いスタートが切りたい」と力を込めた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)