乃木坂46橋本奈々未が芸能界引退を電撃生報告「普通の女性として生きて行く」

2016年10月20日1時34分  スポーツ報知
  • 乃木坂46の橋本奈々未

 乃木坂46の人気メンバー橋本奈々未(23)が、来年の2月20日をめどに同グループから卒業、芸能界を引退することを19日深夜、自身がパーソナリティを務めたニッポン放送の特番「乃木坂46のオールナイトニッポン」(深夜1時)の生放送で電撃発表した。

 橋本は、生田絵梨花、桜井玲香とともに出演した同番組で卒業を発表。「今回のシングルの活動を持って、私自身の2月20日の誕生日を目安に、卒業することを決めました」とファンに報告。さらに「芸能界も引退します。24歳になってからは、普通の女性として生きて行こうと思っています。乃木坂のままで(芸能生活を)終わろうと思います」と宣言した。詳細は調整中だが、「あと4か月あるので、それまでの活動をよろしくお願いします」と話した。

 また、橋本が初センターを務めることが決定している、11月9日発売のシングルのタイトルが「さよならの意味」と決まったことも発表された。「タイトル聞いて、『あれっ』って思った人もいると思いますが」と話した橋本。最初で最後のセンターに「センターって、どう評価されるかなおさら感じるよね。みんなに好きになってもらおうと思う」と、意気込みをみせていた。

 ◆橋本 奈々未(はしもと・ななみ)1993年2月20日、北海道・旭川市生まれ。23歳。都内の美大在学中の2011年、乃木坂46の1期生オーディションに合格。13年4月、日テレ系「BAD BOYS J」でドラマデビュー。15年から「CanCam」の専属モデルを務める。身長163センチ、血液型B。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)