謎のマジシャン・トランプマンが“日米トランプ”会談を熱望

2016年11月9日22時10分  スポーツ報知
  • トランプ新大統領について文書で回答したトランプマン

 謎のマジシャン・トランプマン(素顔・本名・年齢・国籍不明)は9日、米大統領選で共和党候補の実業家ドナルド・トランプ氏(70)が勝利したことを受け「トランプつながりで大変光栄です。お会いして、私のマジックを披露してみたいです」と“日米トランプ会談”の実現を熱望した。

 1990年代にフジテレビ系バラエティー番組「なるほど! ザ・ワールド」内で、無言のまま高度なマジックを披露するキャラクターとして人気を博したトランプマンは、スポーツ報知の取材に対して文書で回答。「まさかとは思いましたが、率直に驚いています。トランプマンはマジックを通して夢と楽しさを見せていますが、トランプ大統領には米国と世界を導く力強い大統領になってほしいです」と期待。人柄についても「ウソや隠し事のない人で、発言もメディアの注目を集めるためのテクニックと思っていました。就任後は、世界のアメリカの代表として発言、行動するものと信じています」と好意的につづった。

 「トランプ氏をカードに例えたら」との質問には、やはりジョーカー…かと思いきや「大統領になった以上、やはりキングでしょう」との回答だった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ