宝塚雪組トップコンビ、早霧せいな・咲妃みゆが来年7月退団

2016年11月21日17時12分  スポーツ報知
  • 来年7月の退団が発表された宝塚歌劇雪組トップコンビ、早霧せいな(右)と咲妃みゆ

 宝塚歌劇団は21日、雪組トップコンビの早霧せいなと咲妃みゆが、来年7月23日付でともに退団すると発表した。フランキー堺さん主演の名作映画を舞台化した「幕末太陽傳(でん)」と、ショー「Dramatic “S”!」がサヨナラ公演となる(兵庫・宝塚大劇場で来年4月21日~5月29日、東京宝塚劇場で同6月16日~7月23日)。

 早霧は2001年4月「ベルサイユのばら2001」で初舞台を踏んだ87期生。宙組から09年2月に雪組に組替えされ、壮一帆(現女優)の後任として14年9月に雪組トップスターに就任。2010年に入団し、月組から雪組に移った咲妃みゆとのコンビで人気を博している。

 大劇場のトップお披露目公演となった「ルパン三世」や「るろうに剣心」、オードリー・ヘップバーン主演の名作映画「ローマの休日」といったアニメ、漫画、映画の舞台版に主演し、初心者をタカラヅカにいざなう“伝道師”的なトップコンビとして活躍。早霧、咲妃ともに、こだわり抜いた繊細な芝居が高く評価されている。

 2人は22日に退団発表会見を行う。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)