ガッキー主演「逃げるが恥―」第8話の視聴率16・1% 同ドラマ最高記録

2016年11月30日9時58分  スポーツ報知
  • 「逃げるは恥だが役に立つ」主演の新垣結衣

 29日に放送された新垣結衣(28)主演のTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜・後10時)第8話の平均視聴率が16・1%と前回から2・5ポイントのジャンプ・アップ。同ドラマ最高、さらに同局のこの枠ドラマ最高視聴率を記録したことが30日分かった。

 この回は午後7時からのサッカーJリーグ・チャンピオンシップ2016決勝の中継が延長されたため、通常の午後10時からでなく、午後10時23分からの放送となったが、繰り下げの影響もなく、自己最高の数字をたたき出した。瞬間最高視聴率も開始時間、午後10時23分の17・9%と多くのファンがスタートと同時にリアルタイムで視聴した形となった。

 今回は星野源(35)演じる恋愛経験のない「35年間彼女ナシ、恋愛経験ゼロ」の“プロの独身男(自称)の”津崎平匡(ひらまさ)が「仕事としての結婚」をした相手・新垣演じる森山みくりとの間で“離婚騒動に”。自分の本当の気持ちに気づき、千葉・館山の実家に帰ってしまったみくりを追いかける平匡だが…というストーリーだった。

 「逃げ恥」は海野つなみさんの同名人気コミックが原作で「重版出来」「空飛ぶ広報室」などをてがけた野木亜紀子さんが脚本を担当。星野が主題歌「恋」を今回のドラマのために書き下ろし、自ら歌っている。(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ