パックン、ASKA容疑者について「彼の生きている現実と、心の現実が違う」

2016年11月30日16時2分  スポーツ報知
  • パトリック・ハーラン

 お笑いコンビ「パックンマックン」のパトリック・ハーラン(46)が30日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金・後1時55分)で、覚醒剤取締法違反(使用)容疑で28日に逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)について言及した。

 番組では逮捕前の容疑者と宮根キャスターの“直電”での発言や、同容疑者のブログを振り返り、専門家らは「典型的な薬物依存症の症状」と分析を報告した。

 さらに、宮根誠司キャスター(53)が電話での感想を「あそこまではっきりと、(薬物の使用を)天に誓ってないと言われると、報道がウソなのかなと思った」というと、パックンは「あの言い方だったら、素直に聞きたいし、ファンの気持ちとしても信じたい。でも彼の生きている現実と、心の現実が違うのかもしれない」と指摘した。

 覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)は30日午前8時20分過ぎ、留置されている東京湾岸署から東京地検へ送検された。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)