TBS社長、「マツコの知らない世界」の“キーボードすり替え疑惑”に「決して捏造ではないが、あってはならないこと」

2016年11月30日16時33分  スポーツ報知

 TBSの定例社長会見が30日、東京・赤坂の同局で行われた。

 29日放送の同局系バラエティ番組「マツコの知らない世界」(火曜・後8時57分)では、パソコンのキーボードをキレイにする掃除グッズを紹介したが、放送後、視聴者の指摘で掃除前の汚れたキーボードと掃除後のキーボードが明らかに別物であることが発覚。ネット上では「効果をアピールするためにTBSがすり替えたのでは?」など、疑問の声が上がっていた。

 この件について、会見に出席した制作幹部は「ビフォーとアフターで違うキーボードでした」と撮影に使ったキーボードが別物であったことを認めた上で、「収録の当日、時間がなくて、キーボードの寄りの絵(接写した映像)が撮れていなかった。誤って違うキーボードを持っていって(撮影し)気づかなかった。大いに反省すべき所ではありますが、捏造(ねつぞう)ではなく、ケアレスミスということでHPでもおわびしています」と続けた。

 「商品提供社にもおわびしましたが、(MCの)マツコ・デラックスさんに伝えたかは把握しておりません」と同幹部。

 この件について質問された武田信二社長(63)は「決して捏造ではないが、単に報道だけの問題ではない。ケアレスミスなどあってはならないこと。視聴者の信頼をそぐ一因になってしまうし、テレビ(制作者)側も自覚しないといかんのではと思います」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)