小池百合子都知事「ファッションは息抜き」ベストドレッサー賞W受賞

2016年11月30日19時4分  スポーツ報知
  • 第45回ベストドレッサー賞政治部門を受賞した小池百合子東京都知事

 「第45回ベストドレッサー賞」の授賞式が30日、都内で行われた。

 小池百合子都知事(64)は政治部門とウールが似合う人物を表彰する「ウールマーク賞」をダブル受賞。青と黒のジャケットドレスで敷き詰められたレッドカーペットを歩いて登場すると、表彰状とトロフィーを高々と掲げた。

 2005年、環境相だった時以来の受賞に「何度いただいても、うれしいです」とニッコリ。

 「11年前はクールビズで受賞しました。日本は糸へんの国。繊維で栄える国だから、糸へん産業が栄えて欲しいなとクールビズを始めたんです」と振り返った。

 自身のファッションについては「必ず着回すというのがポイント。一着のセットを3種類以上持って、何種類でも着回せるようにしています」と意外なこだわりを明かした。

 五輪競技開催地問題、築地市場移転問題など問題山積みで激務の中、「ファッションは楽しいです。息抜きです」と小池知事。「ええかっこしいかも知れないけど、あまり欲張らずに。かなり長く生きているので、(公約の)都民ファーストに専念したと思います」と会場を笑わせた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)