元AKBの演歌歌手・岩佐美咲が新曲「鯖街道」なのに「しめさばが苦手」と告白

2016年11月30日20時9分  スポーツ報知
  • 発売記念イベントを行った岩佐美咲

 3月にAKB48を卒業した演歌歌手の岩佐美咲(21)が30日、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で、新アルバム「美咲めぐり~第1章~」の発売記念イベントを行った。

 最新曲「ごめんね東京」、森進一(69)の「北の蛍」のカバーなど、同アルバム収録の4曲を熱唱した。グループを卒業した今年を表す漢字一字は「歌」だといい、「AKBにいた時より全然忙しい。毎日歌っていたので、去年より10倍くらい歌った」と振り返った。

 来年1月10日に6枚目のシングル「鯖街道」を発売。サバなどの魚介類を福井から京都まで運んだ街道にちなんだ楽曲だが、「焼きさばは好きだけど、実はしめさばが苦手なんです」と明かし、「“1日1しめさば”を食べて、『しめさばが好きになった』と言えるように頑張ります」と克服を誓った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)