米倉涼子主演「ドクターX」視聴率また20%超え 8放送回中7回

2016年12月2日11時23分  スポーツ報知
  • 米倉涼子が演じる天才外科医の大門未知子

 1日に放送された女優・米倉涼子(41)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜・後9時)第8話の平均視聴率が20・7%だったことが2日分かった。前回から2ポイント下落したが、ここまで放送の全8回中7回で20%超えとなり、今クールのドラマ最強を証明した形となった。

 10月13日の初回に今年の民放連続ドラマでは初の20%超えの20・4%を記録。その後、第2話が19・7%だったものの、第3話今シリーズ最高の24・3%。第4話21・3%、第5話20・4%、第6話21・5%、第7話22・2%、今回の20・7%と6週連続で20%の大台超えとなった。

 米倉演じる特定の病院や医局に属さない、フリーランスの女性外科医・大門未知子の活躍を描く「ドクターX」は2014年放送の第3シリーズが全11話すべて20%超え、同年12月18日放送の最終回は27・4%を記録した超人気シリーズ。今年7月放送のスペシャル(視聴率22・0%)を挟み、今回が2年ぶりの第4シリーズ。(数字はいずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ