号泣中野量太監督、新人映画監督賞金賞「プロデューサーは心から信頼してくれる人」

2016年12月2日14時6分  スポーツ報知
  • 中野量太監督

 現役の映画プロデューサーが最も優れた新人映画監督を表彰する「新藤兼人賞2016」授賞式が2日、都内で行われ、「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太監督(43)が金賞を受賞した。

 壇上に立った中野監督は感激のあまり号泣。何度も言葉を詰まらせながら「僕にとってプロデューサーは心から僕を信頼してくれる人。失敗しても見捨てないだろうなと思うから作品が撮れる。映画はプロデューサーがいないと成立しない。プロデューサーに選んでもらって本当に幸せです」と話した。

 第41回報知映画賞でも中野監督は新人賞を受賞。「湯を沸かす―」は作品賞、主演女優賞(宮沢りえ)、助演女優賞(杉咲花)も受賞し4冠に輝いている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ