大沢樹生、ASKA容疑者逮捕に「曲には罪はない」諸星、元同僚の「赤坂が心配」

2016年12月2日19時59分  スポーツ報知
  • ディナーショーを行った元「光GENJI」の諸星和己(右)と大沢樹生

 元「光GENJI」の大沢樹生(47)、諸星和己(46)が2日、都内でディナーショーを開催。覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)に言及した。

 ファン約350人を前に、ASKA容疑者が作詞・作曲した代表曲「STAR LIGHT」「ガラスの十代」「パラダイス銀河」など計4曲を熱唱。諸星が「このタイミングでね。あっちゃ~、歌いづらいなって感じです」と切り出せば、大沢は「曲には罪はないですから」と苦笑しつつ、「散々お世話になって、ASKAさんあっての光GENJI。2度目の逮捕は相当悲しい」と沈痛。一方、諸星は「ASKAさんより赤坂(晃)が心配」と07、09年に薬物事件を起こした元同僚を引き合いに笑わせた。

 また、年内に解散するSMAPについて、94年にジャニーズ事務所を退社した大沢は「芸能界をやめるわけじゃない。彼らの功績をたたえて、あたたかく見守ってあげてほしい」と呼び掛けた。

 この日は、グループ内で犬猿の仲とされた2人が22年ぶりにステージで共演。大沢は「僕らは不仲というレベルではない」、諸星は「仲は悪いけど仕事はできる。そこは割り切らないと」と“舌好調”だ。光GENJIは来年でデビュー30周年を迎えるが、再結成について諸星は「本当にメンバーが集められればやりたい」と意欲をみせた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ