放課後プリンセス、5期生・長澤茉里奈の脱退と4都市ツアー中止を発表

2016年12月14日13時11分  スポーツ報知

 アイドルグループの放課後プリンセスが14日、5期生・長澤茉里奈(21)の年内でのグループ脱退と、来年3月に予定していた名古屋・大阪・福岡・東京の4都市ツアーの中止を公式サイトで発表した。

 公式サイトでは、長澤についてのお知らせとして、「希望により2016年12月31日を持ちまして放課後プリンセスを脱退する事が決まりました。また、弊社とのマネージメント契約が終了する事を合わせてご報告させて頂きます。放課後プリンセス長澤茉里奈を応援して下さった多くのファンの皆様のご期待に応えられず申し訳ございません。また、関係各社様には多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます」と記した。今後については未定だという。

 長澤は、脱退することについて「前から悩んでいた事で私の希望です。所属事務所も離れる事になります。急なお知らせになってしまったこと本当にごめんなさい。ダンス、歌のパフォーマンスもそうですが気持ちがついていけずステージが怖いと思う日もありました。このタイミングで辞めるのは卒業ではなく脱退になってしまいますが自分の決断に悔いはないです。3年半続けた放プリの残り少ない時間、宜しくお願いします」などとコメントした。

 また、放課後プリンセス4都市ツアー中止のお知らせとして、「長澤茉里奈を含むメンバーで発表した3月に行われる予定の名古屋・大阪・福岡・東京の4都市ツアーを中止致します。チケットの払い戻しに関しましては詳細が決まり次第、後日、オフィシャルHPにてお知らせいたします。お知らせまでもうしばらくお待ちください。払い戻しの対象となる公演は、全公演となります。放課後プリンセスと致しましては、仕切り直して全国の皆様にお会いできる機会を作ります」とツアーの中止も発表した。

 長澤の「卒業LIVE」については、今回は「卒業」ではないため行わないことも発表。最後の出演日について決まり次第発表するという。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)