欅坂46・平手「私だけが注目されがちですけど、全員のパフォーマンスを見て下さい」

2016年12月29日11時20分  スポーツ報知
  • 欅坂46

 大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)のリハーサルが29日、東京・NHKホールで行われた。

 初出場の欅坂46は結成以来2度目という21人でのパフォーマンス。制服風衣装に身を包んでデビュー曲「サイレント・マジョリティー」を熱唱した。

 全出場者中最年少の15歳のセンター・平手友梨奈(15)は激しいダンスで乱れた髪を直し、囲み取材に応じると、「たくさんの方々に感謝して、初めての紅白の舞台で最高のパフォーマンスをできるよう頑張ります」と気合たっぷり。

 「最年少ということでプレッシャーは?」という質問には「プレッシャーはあるんですけど、21人ということを忘れず、全力で頑張ります」と目を輝かせ、「私だけが注目されがちですけど、全員のパフォーマンス、全体を見て欲しいです、フォーメーションとか、振り付けとか」とアピールした。

 「坂道グループ」の先輩・乃木坂46とのダブル出場に「先輩たちが築いて下さった道があっての紅白初出場。感謝の気持ちで、できるだけのパフォーマンスをしたいです」と菅井友香(21)。この日、司会コンビの「嵐」相葉雅紀(34)、有村架純(23)に「頑張ってね」と声をかけられたという菅井。「ずっと(テレビなどで)見てきた方なので、実在されているんだと思って緊張しました」と笑わせた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ