篠原涼子「ごっつ…」今田と再会喜ぶ「もうギューってしたいくらい」

2017年1月7日6時0分  スポーツ報知
  • 篠原涼子

 日本テレビ系「アナザースカイ」(金、後11時)に女優・篠原涼子(43)が出演。MCの今田耕司(50)と感動の再会を果たした。

 篠原は90年、アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」の一員としてデビュー。91年から伝説のバラエティー番組フジテレビ系「ダウンタウンのごっつええ感じ」にレギュラー出演し、今田とはコントで何度も共演していた。

 篠原は番組開始直後に「久しぶり~」と笑顔。「ある世代には懐かしい2ショットですよ」と今田も再会を喜んだ。2人は「ごっつ―」終了後、一度会っただけで、20年近く間が空いてしまっていたという。「あんなに毎日のようにいたのに」と当時を振り返った篠原は「すっごくうれしくって。もうギューってしたいくらい」とハグのポーズをした。

 篠原は「ごっつ―」出演中の94年にソロシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」が202万枚の大ヒット。2000年代に入り女優として頭角を現した。「前半、嫌々やってました」という女優業は01年、蜷川幸雄演出の舞台「ハムレット」でオフィーリア役を演じたことで「勇気も自信もついた。『自分からやる』と言ったのはそこからスタートですね」という。「バラエティーがあって今の自分があると思ってる」と話すと、「バラエティーの過去を消してしまう女優さん多い中、ありがとうね」と今田から感謝された。

 番組で訪問した台湾はTPD時代に毎月訪問していた地。これまでの活動の点と点がつながり、自分のキャリアを再確認できて喜んでいた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ