Anly×スキマ主題歌!日テレ「視覚探偵 日暮旅人」

2017年1月9日6時0分  スポーツ報知
  • コラボした(左から)大橋卓弥、Anly、常田真太郎

 シンガー・ソングライターのAnly(19)がスキマスイッチとコラボし、俳優・松坂桃李(28)主演の日本テレビ系連続ドラマ「視覚探偵 日暮旅人」の主題歌「この闇を照らす光のむこうに」を手がけることが8日、分かった。この日はTBS、フジテレビが2017年1月期の連ドラの関連イベントを開催。謎解き、ホームドラマ、恋愛の月9…。あなたはどれを見ますか?

 新曲は歌い出しからAnlyの高音が響く。1番はスキマスイッチがバックコーラスを担当し、2番で入れ替わる。低音でも張りがあるAnlyのパワフルなボーカルと、大橋卓弥の甘い声が絡み合う。

 Anlyは沖縄で人口5000人に満たない離島・伊江島出身。音楽好きの父の影響で幼少からギターをおもちゃ代わりに育った。高校を卒業した2015年11月にメジャーデビュー。まだ2年目だが、そのエキゾチックな顔立ちと音楽センスで注目を集めている。今月18日リリースの「だから」は同21日公開の映画「新宿スワン2」(園子温監督)の劇中歌に採用され、自身もアーティスト役で出演。映画デビューする。

 「視覚探偵 日暮旅人」は堤幸彦氏が演出。松坂桃李演じる五感のうち視覚以外の4つを失った男が、残った視覚を頼りに事件を解決していく。Anlyとスキマの2人で、ドラマの脚本と堤氏のメッセージを読み込みながら新曲を書き下ろした。Anlyは「目を閉じてこの曲を歌うたびに、まぶたの裏に一瞬、光が浮かぶような気がします」とすっかり世界に入り込んでいる。

 Anlyもスキマスイッチも、他のアーティストとコラボ曲を手がけるのは初めて。Anlyは「私1人では潰れてしまいそうな大きなテーマを、スキマスイッチのお二人と一緒に向き合うことができた。心から幸せです」と振り返っている。

 ◆Anly(アンリィ) 1997年1月20日、沖縄県伊江島生まれ。19歳。中学3年から作曲を開始。島に高校がなく、沖縄本島の高校時代にライブハウスデビュー。卒業後の2015年11月「太陽に笑え」でメジャーデビュー。映画「新宿スワン2」(21日公開)にアーティスト役で出演。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ