友利新、5か月長女アナフィラキシー症状は「いつもと違う粉ミルク」

2017年1月12日10時53分  スポーツ報知
  • 友利新

 12日放送のフジテレビ系情報番組「ノンストップ」(月~金曜・前9時50分)では、医師でタレントとしても活動する友利新(38)が、今月2日に生後5か月の長女がアレルギーを発症し、救急搬送されたことについて取材に応えた。   

 11日に自身のブログを更新し、検査結果はミルクアレルギーによるアナフィラキシー症状だったと明かしていたが、その時の状況を説明。「ミルクを与えたら顔が真っ赤になった。服を脱がすと赤い斑点が出て手足が冷たくなっていた」と話した。

 その日、友利は夫の実家に帰省中で、娘が生まれてからずっと飲ませていた粉ミルクが手元になく「いつもとは違う粉ミルクを与えた」のだという。

 友利は2013年11月に一般男性と結婚。14年7月に第1子の男児を、昨年8月8日に第2子の女児を出産した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)