上戸彩、カウントダウンは長女寝かしつけ1人でテレビ…正月は家族旅行で広島へ

2017年1月12日14時25分  スポーツ報知
  • 笑顔でフォトセッションに臨む上戸彩

 女優の上戸彩(31)が12日、東京・六本木のリッツカールトン東京で行われたVisaデビットカード新CM発表会に出席した。

 カウントダウンは1歳の長女を寝かしてから1人でテレビを見て過ごしたそうで、正月は家族旅行で広島へ。「楽しかったです。瀬戸内海を目の前にして泊まるホテルで、たくさんの家族で集まった。ステキなスタートになった」と笑顔を見せた。

 1997年に国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞してから今年で20周年。「20歳まで保育士さんになるのが夢だった。この仕事で生きていこうと決めたのは20歳をこえてからだけど、今は楽しくてしょうがない。(これからは)今まで演じたことのない役、出会ったことのない作品をやらせていただきたい。後戻りしないよう前へ前へ進みたい」と仕事にも意欲を見せた。

 「自分の貯金額を知らない」とお金には無頓着なことを明かしつつ「最近はネットショッピング中毒。子供が寝た後に(パソコンのボタンを)ポチっとしてます」と近況を明かした。今年の目標については「母親として、娘と一緒に過ごす時間をできるだけ作りたい」と話した。

 イベント終了間際「旅行は3人ですか」と、正月旅行は夫でEXILEのリーダー・HIRO(47)も一緒だったかどうかの質問が飛んだが、聞こえなかったのか手を耳に当てそのまま会場を後にした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)