星組スター・七海ひろきの「竹中半兵衛」が開幕

2017年1月12日17時45分  スポーツ報知
  • 戦国時代の天才軍師・竹中半兵衛役で主演した星組スター・七海ひろき

 宝塚歌劇星組スター・七海ひろきが主演する戦国ミュージカル「燃ゆる風―軍師・竹中半兵衛―」(作&演出・鈴木圭)が12日、兵庫・宝塚バウホールで開幕した。

 七海にとって宙組時代の「the WILD Meets the WILD」(2013年)で蓮水ゆうやとダブル主演して以来、3年半ぶりとなるバウのセンター。入団15年目突入を前に、うれしいバウ単独初主演を果たした。

 戦国時代に、豊臣秀吉の天下統一への礎を築いた軍師・竹中重治(通称・半兵衛)の生き様を描く。岐阜県垂井町にある半兵衛の墓に、ヒロイン役の真彩希帆(まあや・きほ)とともに訪れた七海は「実在した人物をやるんだ、と感慨深く受け止めました。日本物ですが、すごくタカラヅカらしい作品。愛、友情、生きることを考えさせられる作品になっています」とPRした。

 織田信長や明智光秀、黒田官兵衛といった戦国スターも劇中に多数登場。七海は「半兵衛は元々主役に躍り出るようなタイプじゃない。だからこそ、面白い部分がたくさんある。彼目線のサイドストーリーの戦国時代をお見せできたら」と意気込んでいた。23日まで上演。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ