入山杏奈、念願の写真集デビュー!「ようやく出せた」

2017年1月25日5時0分  スポーツ報知
  • 入山杏奈の水着ショット。腰回りがとてもセクシーなのだ
  • 台湾でおかゆ。一緒に朝ごはんを食べるあんにんをパシャ!…。そんな妄想をかきたてる1枚だ

 AKB48の入山杏奈(21)が24日、ファースト写真集「美しい罪」(撮影・曽根将樹、幻冬舎刊)を3月22日に発売することが分かった。

 AKB随一の美貌を誇る入山が、念願の写真集デビューだ。このほどスポーツ報知の取材に応じた入山は「17歳ぐらいから『10代のうちに写真集を出したい』と公言していて、ようやく出せました」と笑顔をみせる。

 撮影は昨年の11月、初舞台を踏んだ「歌姫」(作・演出=宅間孝行)の大千秋楽を迎えた翌日に、台湾で行われた。「舞台のことで頭がいっぱいで、実は自宅にパスポートを忘れてきてしまったんです。こんなことは初めてで…」と苦笑いするほど、舞台にすべてをささげていた。翌12月には21歳の誕生日を迎えたため、これが20歳最後の入山の姿。眠っていた感情を「歌姫」を通じ解放したからこそ、写真集でも多彩な表情が写し出されている。

 夜市をさまよっては台湾グルメに舌鼓を打ったり、変顔も惜しみなく披露。クールビューティーのイメージを取り払う開放的なショットも収められている。水着やランジェリーなどのドキリとする一枚もあるが、スタッフも「舞台で経験したことをすべて自分の糧にして戻ってきてくれた。少し肌の露出があるシーンでも、今の『あんにん』なら任せられると思った」と成長に目を細めるほど、度胸よく心ごとさらけ出した。

 タイトルはプロデューサーの秋元康氏(58)が名付けた渾身(こんしん)の一冊。「ファンの方にも、私のことを知らない方にも楽しんでもらえたら」と呼び掛けた。後日、発売を記念したイベントも実施する予定だという。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)