小倉智昭氏“有名人”元弁理士の「PPAP」商標出願に「変な問題。全てを知って盲点…」

2017年1月26日9時28分  スポーツ報知
  • 小倉智昭氏

 26日放送のフジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、昨年大ヒットしたピコ太郎の「PPAP」が大阪府内の無関係な企業・A社によって商標出願されていたことを取り上げた。

 番組では元弁理士で、実は“商標登録の有名人”であるA社の代表を直撃。「ピコ太郎やエイベックスとは無関係。出願日は私の方が(早く)勝ってますから」とのコメントを紹介した。昨年は、北陸新幹線、民進党、ゲス不倫など約2万5000件を出願。これは日本全体の出願数の1割にあたるという。

 キャスターの小倉智昭氏(69)は「変な問題が出てきた。元弁理士ということで出願の全てを知っていて、盲点を突いてきた」と話し「(芸人は)その年の流行語になりそうなものは、ギャグを言う前に登録しなきゃいけないのかね」と嘆いた。

 25日にイベントに登場したピコ太郎自身はA社の動きについて、「よく分からないけど、世の中は色々ある。色々なことと色々なことを『Ah~!』して『PPAP』でいいと思います」と語っていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ