山田邦子、絶頂期の月収1億円以上を告白「すごいときはね。現金で、危険だよね~」

2017年2月1日16時53分  スポーツ報知
  • 山田邦子

 タレントの山田邦子(56)が1日、大阪・カンテレで放送された情報番組「よ~いドン!」(関西ローカル)にゲスト出演。絶頂期の1か月の給料が1億円を超えていたことを否定せずに、共演者を驚かせた。

 「オレたちひょうきん族」で人気者としての地位を確立し、冠番組などレギュラーを14本も抱えていた時代の話題になると、共演の円広志(63)らが突っ込むのはギャラの話。「最初は8年間、月給制だったの。ひょうきん族の途中で歩合制になるといわれ、クビなのかなと思って(ビート)たけしさんに相談したら、『来月になったら上がるよ』といわれ、6倍になった」とあっけらかんと話した。

 そのとき、テレビに映し出された「月給1億円」のテロップに否定もせず、「すごいときはね。CMも8本とかあって…。現金で(受け取り)、危険だよね~」と振り返り、両手にバックで持って帰るようなポーズを取って、共演者を笑わせた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ