第12代「おかあさんといっしょ」うたのお兄さんに花田ゆういちろう「プレッシャー感じています」

2017年2月17日15時29分  スポーツ報知
  • 第12代目「うたのお兄さん」に就任した、花田ゆういちろう(右)と、卒業する横山だいすけ。左は「うたのお姉さん」の小野あつこ

 NHK・Eテレの幼児番組「おかあさんといっしょ」(月~土曜・前8時)の「うたのお兄さん」が、4月3日から花田ゆういちろうに代わることが17日、同局から発表された。「うたのお姉さん」を務める小野あつこ、「体操のお兄さん」小林よしひさ、「パント!のお姉さん」上原りさは変わらない。

 花田は国立音楽大声楽専攻卒、17年1月に文学座附属演劇研究所を卒業。ミュージカルに興味を示す一方で、児童合唱団や保育園で歌の指導を行うなど、子供の歌に親しんできた。一方で「うたのお兄さん」になろうと考えたことはなく「まさか自分がなるとは夢にも思わなかった。驚きました。うれしいです」と感想。「(横山)だいすけさんから受け取るバトンは、すごく重く感じます。想像するよりはるかに深い仕事にプレッシャーを感じていますが、あつこお姉さんやたくさんの先輩、子供たちに育ててもらい、自分なりのお兄さんを深めていければ」と意気込みを語った。

 一方、08年から歴代最長の9年間、第11代「うたのお兄さん」を務めた横山だいすけは、本人の希望で、卒業することになった。09年の同番組50周年の際に、多くの人たちに支えられたことを実感したと明かし、「19年に60年を迎える変化の中で、卒業を決めました。昨年のファミリーコンサートで、あつこお姉さんと子供たちが笑い合っている姿を見て、心が通じ合っていると感じ安心した」と語った。今後は未定だが、子供向けミュージカルなど、「生涯、そういう仕事に生かしたい」と語った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ