「和楽器バンド」恒例ライブ「大新年会」で代表曲「千本桜」披露

2017年2月18日21時0分  スポーツ報知
  • 東京体育館で恒例ライブ「大新年会」を行った「和楽器バンド」

 和楽器とロックを融合させた男女8人組「和楽器バンド」が18日、東京・千駄ケ谷の東京体育館で、4年連続4回目となる恒例ライブ「大新年会」を行った。

 代表曲「千本桜」、新アルバム「四季彩―shikisai―」(3月22日発売)収録の「オキノタユウ」を初披露するなど、23曲を披露。ボーカル・鈴華ゆう子(年齢非公表)は「和楽器バンドの今年は今日から始まります! グラミー賞と東京ドーム目指して頑張ります」とドデカい目標を掲げ、満員のファン7500人を沸かせた。

 2014年にメジャーデビューした同バンドは、箏(琴)、尺八、三味線、和太鼓、ギター、ドラム、ベースの7楽器とボーカルで構成。「千本桜」の動画再生回数は5000万回を超え、世界27か国でファンクラブに入会するなど、海外でも高い人気を誇っている。

 同バンドは、4月22日から初の全国ホールツアー(計18公演)をスタートさせる。鈴華は「皆さんの元へ今度は私たちが向かいます」と力強く語った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)