ASKAへの裏メッセージ? Chage「ダメなものはダメ。それに尽きる」

2017年2月19日18時44分  スポーツ報知
  • 熱唱する(左から)渡辺美里、根本要、Chage((C)LIVE SDD 2017)

 歌手のChage(59)が20日、大阪市中央区の大阪城ホールで開催されたライブイベント「LIVE SDD 2017」に出演した。

 同イベントは飲酒運転撲滅を目指す「SDD―STOP! DRUNK DRIVING―PROJECT」の中心的行事で、今年で10年目。初参加となるChageは舞台への登場直前に「もう分かりきっていると思いますが、ダメなものはダメ。それに尽きる」とスクリーンから1万人の観衆にメッセージ。もちろん飲酒運転に対する警告の意味だが、2014年5月に覚醒剤取締法違反(所持)で逮捕され、現在は執行猶予中の「CHAGE AND ASKA」時代の盟友・ASKA(58)への言葉と重ねる見方もできた。

 ステージではイベント発起人のロックグループ、スターダスト・レビューとコラボ。スタレビの根本要(59)は「相方(ASKA)が忙しいので、一人での参加です」と、今月15日にテレビ出演したASKAをネタにしたジョークでChageを出迎えた。

 Chageは反応しなかったが、自身の楽曲「もうひとつのLOVE SONG」の後、チャゲアス時代の「終章(エピローグ)」を披露。曲名を告げる際、会場が「オーッ」と沸いた。

 さらに、根本が「アレをやりたい」と言うと、Chageが舞台袖から黒のロングコートを持って来て根本に着せた。「1994年の曲だよ? 誰が分かる?」とChageが苦笑いしながら、2人で披露したのは「YAH YAH YAH」。Chageは「俺はハモ(ハーモニー)しかできない。堂々とハモる!」と断りつつ、会場と一体になって盛り上がった。根本は歌唱前に「みなさん、できれば会場の外の人には言わないでください」とクギを刺していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)