森山愛子、婚期遅れはひな人形を飾ったままだから…CS「演歌女子。」取材会

2017年3月3日20時19分  スポーツ報知
  • 女性演歌界を盛り上げることを誓った(左から)工藤あやの、岩佐美咲、川野夏美、森山愛子、出光仁美、津吹みゆ

 演歌歌手の川野夏美(36)、森山愛子(32)、工藤あやの(22)らが3日、都内で行われたCS放送「歌謡ポップスチャンネル」の新番組「演歌女子。」(4月5日スタート=第1、3水曜・後6時)の取材会に出席した。

 演歌・歌謡界で活躍する若手女性歌手によるトーク・バラエティー番組。14年からは「演歌男子。」がスタートしており、女性版。この日、初収録が行われ、それぞれ“普段着”で参加したが、工藤は「普段は(ファストファッションブランドの)GUとかだけど、今日はマネジャーさんが奮発して百貨店で買ってくれた」という装いで気合十分。津吹みゆ(21)は「演歌というジャンルを、みなさんに身近に感じてもらえるように」と新番組に期待を込めた。

 また、この日はひな祭り。森山は「一年中、小さいのを飾っていた」と幼少の思い出。ひな祭りを過ぎた後もひな人形を飾ったままにすると婚期が遅れるという言い伝えもあるだけに、同い年の出光仁美(32)から「だから…」と突っ込まれると、「だからって何だよ!」と、すごみをきかせて周囲を笑わせた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ