大森南朋&鈴木浩介&桐谷健太がアウトローな3兄弟役…映画「ビジランテ」でトリプル主演!

2017年3月5日5時30分  スポーツ報知
  • 大森南朋
  • 桐谷健太
  • 鈴木浩介

 俳優の大森南朋(45)、鈴木浩介(42)、桐谷健太(37)が映画「ビジランテ」(12月公開予定、入江悠監督)でトリプル主演することが4日、分かった。

 日本映画界を代表する実力派が、アウトローな3兄弟役で共演する。映画「サイタマノラッパー」シリーズなどで知られる鬼才・入江監督が原点に立ち返り書き下ろしたオリジナル脚本によるストーリー。高校時代に失踪した長男・一郎(大森)、町の自警団団長の次男・二郎(鈴木)、風俗店経営の三男・三郎(桐谷)が父の死をきっかけに再会し、運命に翻弄されていくというストーリーだ。

 撮影はこのほど、入江監督の地元、埼玉・深谷市でクランクアップ。大森は「入江監督が監督自身の地元を描いた、3兄弟の悲しみの生きざまを御堪能ください。現場はかなり凶暴でした」。鈴木も「入江監督の救いのない世界観、『ビジランテ』は必ず世界にも受け入れられると思います」と手応えを感じている。

 5日放送のTBS系ドキュメンタリー「情熱大陸」(日曜・後11時)は桐谷が特集されており、同作の撮影現場にも潜入。桐谷は「完成品はまだ見てないし、予測も不可能。でも、俺はこの映画のファンになる。きっと」とキッパリ。入江監督も「今の日本と世界と私自身の中にある何かを切り取ったヒリヒリ、ザラザラした大人の映画が出来上がるはず」と自信を見せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)