市川由紀乃、奈良時代衣装身に着け伏見稲荷大社でヒット祈願

2017年3月7日5時0分  スポーツ報知
  • 伏見稲荷神社で奈良時代の衣装を身にまとった市川由紀乃

 昨年のNHK紅白歌合戦に初出場した歌手の市川由紀乃(41)が6日、京都・伏見稲荷大社でシングル「はぐれ花」(22日発売)ヒット祈願を行った。

 昨年11月に同社で紅白出場を願い、念願かなったことから、感謝の気持ちを込めたお礼参り。「紅白は夢の中にいるようでした。舞台裏でマネジャーにほっぺたをつねってもらった。1日の朝に録画で見た時に実感しました」と晴れ舞台を振り返り「まずはお礼をして、今年はよりいい1年にしたい」と抱負を語った。

 42年前、母・栄子さん(72)が「どうしても女の子が欲しい」と埼玉から願掛けに訪れたのも伏見稲荷だった。母は今年の2月、市川より一歩先にお礼に訪れたそうで「今年中にもう一度、親子で来たい」と目を輝かせた。

 新曲の「はぐれ花」については「自分の人生に花を咲かせたいという思いで向き合いたい。この曲を年末につなげたい」と2年連続の紅白出場に闘志を燃やした。一方、結婚については「1人でいることが楽なんですよね。孫のように思って心配して下さってるファンの方もいて、結婚したい気持ちはあるんですけど…」と苦笑いした。

 この日は同社が建立された711年、奈良時代の高貴な女性をイメージした衣装を披露。「タイムスリップできたような感覚。クセになりそう」と照れ笑いを浮かべていた。

 9月11日に東京・浅草公会堂でコンサートを行うことも決まった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)