林遣都、大阪・西成区舞台のドラマ主演「すごく刺激的な町。昼間からお酒飲んでケンカして…」

2017年3月12日14時46分  スポーツ報知
  • 主演ドラマ「アオゾラカット」の取材会に出席した林遣都

 俳優・林遣都(26)が12日、大阪・中央区のNHK大阪放送局でNHKBSプレミアムの地域発ドラマ「アオゾラカット」(3月15日・後10時)の取材会に出席した。

 大阪・西成区を舞台に、林演じる美容師が父親との確執に悩みながらも成長していくドラマ。撮影の半月ほど前から美容師の練習を開始。閉店後に大阪・高槻市の美容室を借りて、はさみさばきなどを特訓した。長い時には午後7時から11時頃まで練習したそうで、何度か左手に切り傷を負ったという。「(カット練習用の)マネキンをリュックにいつも2、3個詰めていました。新米の美容師みたいでした」と苦笑い。

 また、大阪制作のドラマらしく、小ネタや笑いもふんだんに盛り込まれた。クライマックスには阪神・金本知憲監督(48)のそっくりさんとして活動する芸人・カネモッチが登場。「思ったよりも似ていておもしろかったです」と林もその“完成度”に満足げだった。

 西成区は大阪屈指のディープな町だが、今や多くの外国人観光客が格安の宿泊施設を求めて訪れるなど、国際色豊かな町になっている。ドラマでもその変化が大きなポイントとなる。「僕の年齢でいくと、すごく刺激的な町でした。撮影中にも、(地元の人が)昼間からお酒を飲んでケンカして、気づいたら仲直りしたりしていた」と振り返っていた。

 出演はほかに吉田鋼太郎(58)、川栄李奈(22)ら。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ