アントニオ猪木が1位の「プロレス総選挙」視聴率は4・8% WBC延長で深夜スタートも健闘

2017年3月13日12時18分  スポーツ報知
  • 「プロレス総選挙」1位に輝いたアントニオ猪木氏

 13日未明にテレビ朝日系で放送された「史上初!現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」の平均視聴率が4・8%の好数字を記録したことが13日分かった。

 同局で生中継された侍ジャパンの第4回WBC2次ラウンド(R)初戦、オランダ代表戦が延長11回にもつれ込んだため、午前0時13分の放送スタートとなったが、多くのプロレス・ファンが投票の結果を見守った形となった。同番組は本来、午後8時58分から放送される予定だった。

 現役・OBレスラー200人によるアンケートとファン1万人の投票をもとにランキング上位20人を発表。1位に輝いたのは、現参院議員のアントニオ猪木(74)だった。猪木氏は開票会場の東京・代々木第二体育館に登場し、「元気ですかー? バカヤロー!」とあいさつした。

 「ガチで投票!」と銘打たれた通り、団体、時代にとらわれないオールタイムのベスト20が選ばれ、2位はジャイアント馬場(故人)、3位は初代タイガーマスク(59)。現IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ(29)は4位だった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 ◆プロレス総選挙ベスト20

(1)アントニオ猪木

(2)ジャイアント馬場

(3)初代タイガーマスク

(4)オカダ・カズチカ

(5)力道山

(6)棚橋弘至

(7)ジャンボ鶴田

(8)獣神サンダー・ライガー

(9)三沢光晴

(10)スタン・ハンセン

(11)長州力

(12)武藤敬司

(13)小橋建太

(14)天龍源一郎

(15)ケニー・オメガ

(16)橋本真也

(17)蝶野正洋

(18)ハルク・ホーガン

(19)真壁刀義

(20)アンドレ・ザ・ジャイアント

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)