瀬古氏、全裸女性にみとれて捻挫…1年10か月戦線離脱

2017年3月13日21時9分  スポーツ報知
  • 瀬古利彦氏

 13日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に、元マラソン五輪代表の瀬古利彦・長距離マラソン強化プロジェクトリーダー(60)が出演。1984年のロサンゼルス五輪前の足首負傷の原因が、日光浴していた全裸女性にみとれていたからだったと初告白した。

 瀬古氏は81年、欧州遠征中に訪れたノルウェーで公園を走っていた際に足首を捻挫。1年10か月もの間、戦列を離れることになった。瀬古氏は直接的な原因を木の根に引っかかったと証言。引っかかった理由を「日光浴をしていた全裸の女性にみとれていた」ため、足元を見ていなかったと話した。

 瀬古氏は3度五輪代表に選ばれながら、モスクワ五輪は日本がボイコット、ロス五輪は14位、ソウル五輪は9位に終わっている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ