藤木直人、音楽劇「魔都夜曲」で上海再現「音楽と物語をぜひ楽しんでいただければ…」

2017年3月14日6時0分  スポーツ報知
  • 戦前の上海を描いた舞台「魔都夜曲」に出演する(左から)橋本さとし、藤木直人、マイコ、小西遼生

 俳優の藤木直人(44)が、音楽劇「魔都夜曲」(作・マキノノゾミ、演出・河原雅彦=7月7~29日、東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン)に主演する。

 戦前の上海を舞台にした人間ドラマ。昭和初期に首相を務めた近衛文麿の長男で、「プリンス」と呼ばれた近衛文隆のエピソードをモチーフにしたオリジナル作品で、藤木は激動の時代を生きた主人公・白河清隆を演じる。「上海は当時の日本から見たら魅惑的な魔都と呼ぶにふさわしい街。そんな上海を舞台にした音楽と物語をぜひ楽しんでいただければ」と呼びかけた。

 白河が上海で知り合い、心奪われていく謎めいた中国人美女・紅花(ホンファ)は女優のマイコ(31)が演じる。「『魔都夜曲』、美しくも妖しいタイトルに心惹(ひ)かれました。自分にとって挑戦多き作品になりそうですが、“魔都”の言葉通り、観客の皆さまを舞台の世界に迷わせ、一度見たら忘れられない作品になれば」と意気込んでいる。共演は小西遼生(35)、橋本さとし(50)ら。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)