朝ドラ「ひよっこ」ナレーターに増田明美さん NHK「マラソン解説聞いて、面白いなと」

2017年3月15日15時19分  スポーツ報知
  • NHK朝ドラ「ひよっこ」完成披露会見に登場した有村架純と脚本の岡田惠和氏

 4月3日スタートのNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜・前8時)の完成披露試写会が15日、東京・渋谷のNHKで行われた。

 連続テレビ小説96作目で主演を務める有村架純(24)は、この日午前9時からの撮影のお昼休みに会見に出席し、役柄どおりの地味なセーター姿で登場。「すごく緊張しています」と話した。

 東京五輪開催の昭和39年(1964年)を舞台に、茨城の農家出身の女性・みね子が集団就職で上京する物語で、ナレーターを務めるのが、マラソン解説者の増田明美さん(53)。

 今回が朝ドラ3本目の作品となる人気脚本家の岡田惠和氏の発案で増田さん起用が決定したそうで「前から増田さんのマラソンの解説を聞いていて、いらない情報が入っていて面白いなと思ってました」と、制作統括の菓子浩プロデューサー。

 「理由の一つは全156回に渡って、聞いていきたいと思う声の魅力。もう一つは、やはり、一見いらない情報が、その時代をリアルに伝えるのではないかと思ったからです」と続けた菓子プロデューサー。

 みね子らの高校の体育教師として、走り方を教えるシーンで出演もする増田さん。今後、“朝の声”として、お茶の間を彩ることになる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ