満島真之介、姉・ひかりら「女きょうだいは常に反抗期だった」

2017年3月21日15時8分  スポーツ報知
  • 満島真之介

 俳優の満島真之介(27)が21日、大阪・読売テレビで放送された情報番組「朝生ワイド す・またん!&ZIP」(月~金曜・前5時8分、関西ローカル)にVTR出演。姉で女優の満島ひかり(31)を始め、自身のきょうだいについて語った。

 ひかり以外に、妹にモデルの満島みなみ(26)、弟にバスケットボール選手(23)を持つ4人きょうだいの真之介。声優を務めた公開中の映画「ひるね姫~知らないワタシの物語~」(神山健治監督)が「思春期の娘と父の親子愛」を描いていることにちなんで、自身のきょうだいについて言及した。

 「(きょうだいの)真ん中にいたんで、いつもバランスを取る動きしかしなかったですね。女きょうだいは強いし、オヤジにも物を言うし、常に反抗期みたいな。『反抗期以外はどこにあったのだろう?』っていうような感じだったので」と振り返った。さらに、自身の振るまいとして「家にいる女性を見て『今日はちょっと抑えておこう』『今はオヤジの側に立つか』とかいろいろ見ていました」と明かしていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)