天海祐希&石田ゆり子、MCリベンジに成功!?イケメン俳優の結婚へのこだわり聞き出す

2017年3月21日15時0分  スポーツ報知
  • イケメン俳優を招いてトークを繰り広げた「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」(C)フジテレビ

 女優の天海祐希(49)と石田ゆり子(47)が、スナックのママ&チイママとなってイケメン俳優の私生活を聞き出すフジテレビ系バラエティー「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」が、4月12日(後10時)に放送されることになった。

 昨年9月に放送し大好評だった同番組の“第2弾”。その時のMCぶりがグダグダだったことに納得がいかなかった2人にとって、リベンジの機会となった。

 「スナックあけぼの橋」に来店するのは、浦井健治、小栗旬、鈴木浩介、滝藤賢一、田中哲司、西島秀俊、平山浩行といった、ドラマや映画で人気の俳優。チイママの石田が作った酒や手料理を片手に、さまざまな話を繰り広げる。

 天海は小栗、西島、田中に「お酒が強い女性と弱い女性はどちらが好き?」や「学生時代のタイプは?」「2人をデートに誘うならどんなプランにする?」と、鋭い質問を次々と投げかけ3人はタジタジ。

 鈴木、滝藤は「初めてのデート」や「男らしいプロポーズ」など結婚にまつわるエピソードを披露し、前回「結婚には興味がない」と言っていたママとチイママも、少し気持ちが揺らいでいく様子。さらに近所のベテランママ・友近やJUJUも飛び入り参加し、大盛り上がりとなった。

 前回、MCに初挑戦した2人は独特の世界観を醸しだし、他にはみられないトーク番組となったが、石田は「前回の収録を終えて、2人でいろいろ反省したんです。特に私はあまりにもグダグダで『これで本当に放送できるのだろうか』と心配になってしまいました」と振り返る。同局の渡辺俊介プロデューサーは、あまりにも出来なかったと落ち込む2人を慰めるのが大変だったと明かして「プロ意識の高い2人は完璧を求めたのだと思います。そんな反省をうけて挑んだ今回、結論から言うと格段にうまくなっていました」と高評価した。

 天海は「前回みたいなグダグダトークの私たちに、またMCをやらせていただいて感謝しています。いつも自分たちが話を聞いてもらうという反対の立場なので、相手の気持ちが分かるはずなのですが改めて大変でした。ほっとして魂が抜けちゃいました」と感想。石田も「前回の反省を踏まえて天海さん中心に話を回してくださいましたが、今回も本当に助けられました。ゲストの皆さんにも本当に助けられました」と感謝した。

 とはいえ、天海・石田も思わず本音をぽろり披露。渡辺プロデューサーも「これだけ豪華なゲストを手玉にとって盛り上げる2人が一番の見どころ」と語るように、2人の司会ぶりは十分リベンジになったようだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)