「ご当地ソングの女王」水森かおり、今年の勝負曲は関門海峡が舞台

2017年4月4日19時29分  スポーツ報知
  • 「長良グループ 夜桜演歌まつり」に出演した水森かおりら

 歌手・水森かおり(43)が4日、東京・サンパール荒川で行われた「第18回 長良グループ 夜桜演歌まつり」で、新曲「早鞆ノ瀬戸(はやとものせと)」(5月2日発売)を初披露した。

 「ご当地ソングの女王」の異名を取る水森が、今年の勝負曲の舞台に選んだのは山口・下関市の関門海峡だ。これまでに山口県の歌は数曲あるが、シングル作品は初めてで「関門海峡大橋が昭和48年に開通したそうで、私も昭和48年生まれ。勝手にご縁を感じていて、また良い1年になれば。スケールの大きな歌なので、地元の皆さんに気に入ってもらいたい」とアピール。

 8月12日にブラジル・サンパウロで行われる「長良グループ 演歌まつり inブラジル」に、所属事務所の後輩の岩佐美咲(22)、はやぶさらと出演。独身の水森は「行きは1人ですけど、帰りは2人で帰ってきたい」と地球の裏側での彼氏ゲットを掲げた。

 この日は、同じ所属事務所の山川豊(58)、氷川きよし(39)、田川寿美(41)らが集結。昼夜2公演で計2200人を魅了した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ