桜田淳子さんの復帰舞台裏を仕掛け人が語る

2017年4月8日13時30分  スポーツ報知
  • 会場を後にする桜田淳子

 元女優で歌手の桜田淳子さん(58)が7日、東京・銀座の博品館劇場で開催された音楽公演「スクリーン・ミュージックの宴」にゲスト出演した。13年11月のデビュー40周年記念イベント以来、3年4か月ぶりのステージ。公演の司会を務め、取り仕切った映画プロデューサー・増田久雄氏が取材に応じ、その舞台裏を語った。

 桜田さんが1980、83年に主演したミュージカル「アニーよ銃をとれ」の主題歌「ショーほど素敵な商売はない」など劇中歌4曲をメドレーで披露すると、満員380人のファンから大歓声が上がった。さらに「プレゼントさせていただきます」と情感たっぷりに歌い始めたサプライズ曲は、自身もカバーしたことのある中島みゆき(65)の「化粧」だった。

 「『化粧』は彼女が『やりたい』と言い出したので、彼女の中でそういう気持ちがあったのだと思う。僕も、ファンのためにも『アニー』だけじゃ少しさみしいと思っていたのでウエルカムでした」

 この日、桜田さんが会場入りしたのは、開演の5時間以上前の午後1時13分。約100人の報道陣にもみくちゃにされながら、「ノドの調子は大丈夫ですか~」との質問に「大丈夫」と小さな声で答え、笑みを浮かべながらガッツポーズする余裕も。楽屋に入った後も緊張した様子はなかったという。開演前には友人、関係者を招き、入念なリハーサルを行った。

 「(周囲は)初めてのスタッフだし、初めての共演者ばかり。でも最初に皆さんと歓談してくださって、自分の方から溶け込もうとしていた。(桜田さんは)『今日はどんなステージにしようか』という話をしていた。ただ、“桜田淳子コンサート”と違って、『スクリーン・ミュージックの宴』に一出演者として出てきてくれているので、気分的には楽だったのではないでしょうか」

 タレント活動復帰を巡っては、4日に全国霊感商法対策弁護士連絡会が反対声明を発表。「過去の行動についてきちんと説明しなければ、芸能活動の再開を許すことはできない」とした。一方、桜田さんが入信しているとされる世界平和統一家庭連合は「一人の日本国民の人権を侵害する声明」と強く抗議。今回の出演にも暗雲が垂れ込めた。

 「僕は単純にクリエイターとして、もう一度、彼女の歌を聴きたい。彼女も『ファンの方々と楽しみたい』とのことでしたから。ファンも聴きたいだろうなと思った。だから良いステージにしたいと思った」

 増田氏にとって24年越しの共演の夢がかなった。

 「僕は阿久悠さんと親しかった。阿久さんは桜田さんにずいぶん曲を提供している。昔、『※欽ちゃんのシネマジャック』という15分を300円で見せる映画の脚本を担当していた阿久さんと『15分ならすぐできるから淳子ちゃんで作るのも面白いね』と盛り上がっていた。でも、映画は2年間で終わってしまって、幻の企画になった」

 スクリーンに名作映画の画像を映しながら、主題歌を演奏する「スクリーン・ミュージックの宴」を始めて7年。

 「『ショーほど素敵な商売はない』をやりたいと思った。アメリカのミュージカル映画『アニーよ銃をとれ』の主題歌。アニーと言えば、桜田さん。それで淳子さんに歌ってほしいなと思って、知人を通じて12月にオファーすると、快諾してくれた」

 終演後、観客からは桜田さんの芸能界復帰を望む声が続出。号泣する女性ファンもいた。増田氏も、復帰を期待する一人だ。

 「(桜田さんにとって)3年前に、皆さんが温かく迎えてくれた良い思い出がある。そして今回も良い思い出になったと思う。これが復帰するきっかけになればうれしい」

 ※萩本欽一が製作総指揮で脚本を故・阿久悠さんが務め、1993年、94年に上映された15分間映画5本立てのオムニバス短編映画集。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)