山川豊、氷川きよしら長良グループ6組8人が沖縄で演歌まつり

2017年4月17日4時0分  スポーツ報知
  • かりゆし姿で笑顔の(前列左から)氷川きよし、山川豊、田川寿美、水森かおり(後列左から)「はやぶさ」のヤマト、ヒカル、ショウヤ、岩佐美咲

 歌手の山川豊(58)、氷川きよし(39)ら長良プロダクション所属の6組8人が16日、沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで「長良グループ・演歌まつり」を行った。

 2007年に始まり、今回で10回目。沖縄では初開催となり、氷川は「ハイサイ、グスーヨ、チューウガナビラ(こんにちは、皆さん、ご機嫌いかがですか)」と地元の方言であいさつした。デビュー3年目の02年、初の全国ツアー初日公演を沖縄・那覇市民会館で行っており「沖縄は僕の原点です」と感無量。この日は04年以来13年ぶりの沖縄でのライブとなり「お客さんが来てくれるならいつでもやりたい」と再訪を熱望した。

 出演者は「涙そうそう」「島唄」など沖縄にちなんだ名曲を熱唱。地元の子供たち約70人が琉球舞踊を披露するなど、ステージは沖縄モード一色に。最後は田川寿美(41)、水森かおり(43)ら全員で「ハイサイおじさん」を歌いながら沖縄のカチャーシーを踊り、満員の1700人から大きな拍手を浴びた。

 最年長の山川は「みんなで沖縄に来られて、夢がかなった。また戻ってきたい」。水森は「次は『長良グループ水着まつり』をやりたい。ビキニは“しじみ”で」とノリノリだった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ