「嵐」相葉主演の月9ドラマ「貴族探偵」初回は11・8% 女性層の高い支持

2017年4月18日9時55分  スポーツ報知
  • 「貴族探偵」の出演者たち

 17日に放送された「嵐」の相葉雅紀(34)主演のフジテレビ系「月9」ドラマ「貴族探偵」(月曜・後9時)の初回の視聴率が11・8%だったことが18日分かった。

 主人公は相葉演じる使用人に推理をさせ、謎解きをすることが趣味の「貴族」。本名不詳、年齢も住所も家族も不明で自らを「貴族」と名乗る青年の趣味は探偵だが、事件に出合うと、メイドの田中(中山美穂)や執事の山本(松重豊)に命じて捜査、推理をさせる。そんな貴族探偵と新米女探偵(武井咲)が競い合う形で事件の謎に挑んでいくストーリーで、1987年4月開始の「月9」ドラマ30周年という節目の作品となる。

 初回の瞬間最高視聴率は午後9時16分始め4回に渡って記録さえた12・7%。相葉演じる貴族探偵の登場シーンが高い数字を記録。さらに同局の分析ではティーン層(13~19歳)、F1層(20~34歳の女性)、F2層(35~49歳の女性)の視聴者の支持が比較的高かったことも分かった。

 前クール、「月9」枠で放送された女優・西内まりや(23)主演の「突然ですが、明日結婚します」は初回視聴率8・5%、平均視聴率6・7%と、ともに「月9」史上ワースト記録を更新。「貴族探偵」が「月9」再生の旗頭となるか。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ